車検について理解する

}PgžxQ

 

車検とは自動車を保有する人が自動車の安全のために定期的に検査を受けなければいけないというものです。
普通乗用車であれば、ほとんどが新車から最初は3年目その後2年毎に受けなければなりません。
普通車の貨物であれば1年毎になります。
軽自動車の乗用車も普通乗用車と同じで新車から最初は3年目その後2年毎になります。
このように車の種類によって期間が決まっています。
自動車の検査受をしてもらうのは、自動車メーカーや街の自動車屋さんなどに持っていくのが一般的ですが、少しでも安くしたいのであればガソリンスタンドや大手カーショップ店でしてもらう方法もあります。
ただしここで注意したいのが、整備不備などで検査受を断られたり、交換部品がたくさんあり高額になったということもあります。
もっと安くする方法が、陸運局などに自分で行く方法です。自動車メーカーなどでは、各部整備費用、書類作成代。ガソリンスタンドなどでは整備費用がない場合などもありますが代行代などがかかります。
自分で行く場合はそれが必要なく、もともと支払い義務のある重量税、印紙代、自賠責保険料、書類代などだけで済むのでその分が安くなるでしょう。書類などを書くのが苦手な方は、陸運局近くに大抵の場合代書をしてくれるところがあるのでそこに持っていけば数千円書いてもらえます。